プロペシアの効果は、aga(男性型脱毛症)の進行を抑えるものです。あくまでも症状を抑えて抜け毛を減らすだけで、単独では育毛効果がありません。このため、agaクリニックをはじめとする医療機関での治療においては、ミノキシジルをはじめとする育毛剤を併用しています。

では、プロペシアはどのようにしてagaの進行を抑えているのでしょうか。agaの原因は男性ホルモン由来物質・dht(ジヒドロテストステロン)です。dhtは体毛を濃くしたり、体を筋肉質にしたりするなど、男性らしい体を作るために必要なものです。ただ、困ったことに頭髪の脱毛を促進させてしまう働きがあり、これがagaの原因になっているのです。

aga治療で処方されるプロペシアにはどのような効果があるのですか?agaの進行を抑えてくれる効果がある

男性ホルモンがdhtになるためには、5α-リダクターゼという酵素の働きが必要になってきます。逆にいえば、この酵素の働きを抑えられればdhtは生成されないということです。プロペシアの働きは、この5α-リダクターゼの働きを抑えることです。これによってdhtの生成を抑制し、抜け毛を減らしてagaの進行を抑えるというわけです。

では、なぜ育毛効果のないプロペシアをaga治療に使用しているのでしょうか。これは、ミノキシジルをはじめとする育毛剤は毛髪を育てることはできても、抜け毛を減らすことはできないためです。つまり、育毛効果によって丈夫な毛髪が生えてきても、dhtの働きによって生える端から抜けてしまうという無意味なことになってしまいます。

プロペシアによって抜け毛を抑えることによって、育毛剤はその効果を十分に発揮できるというわけです。ただ、プロペシアはもともとaga治療のために開発された薬ではありません。agaと同様にDHTが原因で起きる前立腺肥大症の治療薬が、agaに効果があるということで転用されたものなのです。

このため、抑鬱症状やde(勃起障害)などの副作用があることが確認されています。副作用への対処を考えるならば、プロペシアは個人で購入するよりも、医療機関で処方してもらうべき薬だといえるでしょう。