ファイザー社のフィナステリド錠はプロペシアのジェネリック医薬品なので価格が安い

プロペシアは価格が高い

薄毛に悩まされている男性に一番よく知られているaga治療薬なのがプロペシアです。agaは男性ホルモンのテストステロンが毛乳頭に含まれる還元酵素により、脱毛作用のあるジヒドロテストステロンに変換する事が原因となっています。

プロペシアの主成分であるフィナステリドはこの還元酵素を阻害する効果があります。aga患者さんの多くで脱毛予防が見られますが、価格が高いと言うのが難点です。

効果が出てくるまで3か月から6か月はかかりますので、効くか効かないか分からなくても長期間の服用が必要となります。さらに男性ホルモンの分泌は続きますのでプロペシアの効果が出た後も服用を続けないといけないです。

プロペシアの価格は1錠250円ほどしますので1か月あたり7500円かかります。それが1年続くとプロペシアだけで9万円もの出費となります。

プロペシアのジェネリック医薬品なら価格が安い

1年で9万円もの出費となるとかなり痛いですがプロペシアにはジェネリック医薬品があります。ジェネリック医薬品は先発メーカーが開発した医薬品を後発メーカーが製造販売したものです。

開発費用を抑える事ができるため先発医薬品よりジェネリック医薬品のほうが価格が安いです。プロペシアのジェネリック医薬品としてはファイザー社のフィナステリド錠が有名です。

これなら1か月あたり6000円ほどとプロペシアより価格が安いです。安いクリニックであれば5000円前後で処方しているところも見られます。

1か月あたり5000円なら1年で6万円とプロペシアと比べると3万円お得です。プロペシアの正式なジェネリック医薬品では無いですがフィンペシアと言うフィナステリドを主成分とする医薬品もあります。

フィンペシアなら1か月あたり2000円弱で手に入ります。1年で24000円ほどと大幅に節約する事が可能です。フィンペシアは海外個人輸入代行サイトで購入する事が可能です。

最初からフィンペシアではなく、まずはクリニックでプロペシアまたはファイザー社のフィナステリド錠の処方を受け、効果が出ると分かってからフィンペシアに乗り換えすると良いです。