副作用が心配ならば医療機関を受診しよう

育毛アイテムを使用している男性

aga(男性型脱毛症)の治療法としては、プロペシアによってagaの進行を抑えたうえで、ミノキシジルによって毛髪の成長を促すというものが一般的です。

ただ、いずれの薬剤もaga治療用として開発されたものではありませんので、副作用が確認されているのです。まずプロペシアですが、これは男性ホルモン由来物質であるdht(ジヒドロテストステロン)の生成を抑えるものです。

ホルモンに関連した薬剤であるため、ホルモンバランスの崩れによって抑鬱症状などメンタル面への影響が出ることが報告されています。

また、ed(勃起障害)を起こしてしまったという臨床例もあり、若い男性にとっては気になるところではないでしょうか。また、ミノキシジルについては頭皮に塗布することで毛細血管を拡張し、血流を良化させて毛根に栄養を与え、毛髪の成長を促すものです。

問題は血流が良くなることで、皮脂の分泌が促進されてしまうことです。もともと頭皮は皮脂の多い部位ですので、あっという間に分泌過剰を招いてしまい、皮脂が毛穴につまって湿疹やかぶれの原因になってしまいます。

これは俗に「ミノキ焼け」と呼ばれており、比較的多い副作用だとされています。問題は、医療機関ではaga治療薬として処方されていないミノキシジルの飲み薬を使用したケースです。

ミノキシジルはあくまでも高血圧患者の血圧を下げるためのものですから、血圧が正常な人や低血圧の人が使用した場合、血圧異常を起こす可能性があります。

この血圧異常によって命にかかわる副作用が出てしまったケースも報告されているのです。プロペシアもミノキシジルも個人での入手は可能ですが、副作用を考えると決してお勧めできるものではありません。

副作用のリスクを考えるならば、agaクリニックをはじめとする医療機関で処方してもらう方がいいでしょう。万が一副作用が起きた場合でも、医療機関なら副作用についてのノウハウを豊富に持っていますので、しっかりと対処してくれることが期待できるためです。