成長因子の働きによって毛髪の成長を促進する

aga(男性型脱毛症)の最新の治療法として知られるようになったharg療法ですが、これは頭皮に成長因子を頭皮に注入することで毛髪の成長を促すものなのです。

おでこの生え際を気にする男性

成長因子とは、人間の体の成長させる働きを持っています。例えば、お腹の中の赤ちゃんを成長させるためには、細胞分裂を活性化させるためにいろいろな成長因子が必要になります。

胎盤由来成分であるプラセンタに多種多様な成長因子が含まれているのはこのためです。harg療法に使用されている成長因子には、上皮細胞増殖因子(fgf)やケラチノサイト成長因子(kgf)、血小板由来増殖因子(pdgf)、血管内皮細胞増殖因子(vegf)などがあります。

fgfとkgfは毛母細胞の分裂を促進させてくれる働きがあり、これによって毛髪の成長を促すのです。pdgfは傷付いた細胞の修復を促す効果があり、agaの進行によって衰えてしまった毛根の修復を助けてくれます。

また、vegfは頭皮の血管を増やしてくれる働きがあり、これによって頭皮に十分な栄養が行き渡り、生えてくる毛髪を上部にしてくれる働きが期待できるというわけです。

harg療法のメリットは、施術後に効果が持続することです。プロペシアとミノキシジルによる一般的な治療法は薬剤の使用を継続する必要があり、薬剤の使用をやめるとagaが進行してしまうという問題点があります。

harg療法ならば、こうした問題点を考慮しなくてもいいというわけです。また、プロペシアとミノキシジルには副作用が確認されていますが、harg療法には目立った副作用が確認されていないというのもメリットでしょう。

デメリットは最新の治療法であるため、コストがかかってしまうことではないでしょうか。ただ、harg療法も万能ではありません。

毛根が衰えてしまっているケースならば効果は期待できますが、agaがさらに進行して毛根が死滅してしまうと、効果が期待できなくなってしまうのです。

このため、harg療法についても、aga発症から時間がたたないうちに始めるのがベストといっていいのではないでしょうか。